嬉しいご報告

先日、お客様より嬉しいご報告がありました!

〇セッションを受けようと思ったきっかけは何ですか?

母が、3回目の脳梗塞で倒れ、一時、危篤状態となり、持ち直したものの、意識がはっきりせず、また、脳梗塞以外の症状も見られたり、今回倒れたのは脳梗塞だけではなさそうで、原因を見つけるために、検査ばかりの母を見ていると、これは、西洋医学だけではなく、なにかしらのエネルギーも影響しているのではないかと思うようになり、双方向からできることをやっていきたいと思い、ボディートークをお願いしました。

また、倒れる前の母の様子や行動も、医学だけでは解決できないこともあったので、見えない力を信じてみようと思ったから。

〇セッションを受けてみてどうでしたか?何か変化はありましたか?

まず、セッションレポートに驚きました。母の生活スタイルが書かれていて、それがその通りだったことに「どうしてわかったの???!」と。本当にこれはびっくりしました。

セッション直後は特に変化を感じることもなく、症状も一進一退を繰り返しでした。また、大きな手術をする必要があるかもしれないといわれ、検査することになり、手術の日にもボディートークお願いしようと思っていました。

セッション3週間後に、検査したみたところ、先生も驚くほど、回復していて、「手術の必要なし」と診断されました!

母も、それくらいから、本当に少しづつですが、一言二言、会話ができるようになり、自分の意志で、ハンドクリームを塗ったり、食べたいと言ったり、ちゃんと名前が言えるようになりました。

まだまだ時間はかかると思いますが、1か月前に危篤といわれ、子供の顔も名前もわからない、母の名前を呼んでも返事しない状態だったのが、今はうそのようです!
これからも、定期的にお願いしたいな~と思っています。

ありがとうございます!

〇その他、ご意見・ご感想などがあればお願いします。

科学や医学では解明できないこと、目に見えないことが大切だとは知っていました。
そして、科学や医学を否定する気はまったくないのです。ですが、これからは、科学医学だけに頼るのではなくて、ボディートークのような「見えない力」も積極的にオープンに取り入れていきたいと思います。

☆Mさん、嬉しいご報告をありがとうございました!お話しができるようになり、手術を受ける必要がなくなったと聞いて、私も本当にうれしいです!!